> 
よくある質問

ご近所への騒音や解体音は大丈夫ですか?

ご近所への挨拶は何時ごろがよいのでしょうか?

工事中はずっと家にいないといけませんか?

住みながらリフォームはできますか?

リフォーム後、見積もりよりも高くなることがありますか?

工事は何時から何時までですか?

工事は何日くらいかかるのでしょうか?

リフォーム中の荷物の保管や仮住まいが必要な場合は?

一度見積もりを依頼すると、しつこく営業されることはないでしょうか?

アフターサービスが不安なのですが?

工事中、職人さんに御茶やお菓子を出したほうがいいのでしょうか?

見積もりをしてもらいたいけど何処まで無料ですか?

デザインだけでもいいのですか?

改装で営業を休めないが...

デザインする店舗の規模はどのくらいまでですか?

公的なリフォームローンにはどんな種類がありますか?

すぐに来てくれるんですか?

実際の施工はどうなっていますか?

今すぐ工事したいけど、お金が無い...

会社の信用度はどうですか?

営業マンの方はカッコイイですか?

バリアフリーにすることでのメリットを教えて下さい。

白アリ駆除に使用する防虫剤は人体への影響が不安です。対策はありますか。

どんな工事が得意ですか?

最近はどのようなリフォームが多いですか?

見積り・プランニングはお金がかかるの?

工事中の家具の移動はどうすればいいの?

着工後にプラン変更したい場合はどうすればいいの?

工事中にトラブルや事故が起きた場合は?

防音・遮音対策にはどのようなものがありますか?

作業の流れはどうなってるの?

満足いくリフォームをするポイントは?

価格が安い業者は信頼してもいいのですか?

古い木造住宅、建て替えとリフォームではどちらがいい?

住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?

だいたいの目安として、築後何年くらいでリフォームや機器の取替は必要ですか?

増築で家を広くしたいのですが、どこまでできますか?

リフォームのしどきっありますか?

家族全員がタバコを吸わないけど、職人さんはタバコを吸いますか?

事が始まった後は、常に誰かの在宅が必要ですか?

大型ゴミ・大きな家具・不用品の処理、処分等はしてもらえるのでしょうか?

だいたいの目安として、築後何年くらいでリフォームや機器の取替は必要ですか?

増築で家を広くしたいのですが、どこまでできますか?

リフォーム工事の見積をする際に、必ず現場を見る必要がありますか?

リフォーム工事の見積の際に用意する資料などはありますか?

リフォーム工事の見積をメールで依頼したいのですが大丈夫ですか?

リフォーム工事の打ち合わせは必要ですか?

リフォーム工事の打ち合わせはどのように行いますか?

リフォーム工事の打ち合わせはどこで行いますか?

打ち合わせの時間がなかなか取れないのですが大丈夫でしょうか?

リフォーム工事のデザインなどはお任せできるのでしょうか?

リフォーム工事の契約時には何が必要ですか?

リフォーム工事の契約後に内容の変更はできますか?

リフォーム工事の契約後・着工前に近隣挨拶は必要ですか?

リフォーム工事の契約後・着工前にしておくことはありますか?

リフォーム工事前に引越しの必要はありますか?

リフォーム工事は時間指定や夜間工事も可能ですか?

リフォーム工事中に仕事や買い物等、留守にしても大丈夫ですか?

リフォーム工事のお支払いはどうすればいいですか?

リフォーム工事のお支払いはいつすればいいですか?

銀行振込でのお支払いはできますか?

リフォームローンの取り扱いはしていますか?

国民生活金融公庫や各金融機関のリフォームローンは利用できますか?

マンションではどこまで工事できるの?

ご近所への騒音や解体音は大丈夫ですか?

解体工事に伴う騒音は、養生をしていても発生します。
騒音の出る工事は、早朝や休日を避けております。
当社では必ず担当者があらかじめご近所の皆様に工事予定の説明などのご挨拶にお伺いして、ご協力をお願いしています。

ご近所への挨拶は何時ごろがよいのでしょうか?

一週間から10日前位が適当だと思います。 状況にもよりますが、担当者と共にご挨拶することをおすすめいたします。

工事中はずっと家にいないといけませんか?

工事期間中ずっと在宅していただく必要はありません。
また、お仕事等でお留守される場合は、鍵をお預けいただくケースもございます。
外部工事の際は、電気・水道をお借りする場合がありますので、確保できる状況であれば、施錠して外出されても問題ありません。

住みながらリフォームはできますか?

可能です。着工前に工事期間中の工程について打ち合わせをします。 場合によって、部屋ごとや階層ごとに分けて施工して、お客様の負担を軽減します。

リフォーム後、見積もりよりも高くなることがありますか?

ありません。見積範囲外の追加工事がありましたら、工期・金額などの打合わせを行ない、追加見積書を提出させていただきます。

工事は何時から何時までですか?

大体、朝9時頃から、夕方5時半頃までです。
工事期間中は担当者が明日の作業予定時間を連絡いたします。

工事は何日くらいかかるのでしょうか?

工事にかかる日数はリフォーム内容や状況によって違ってくる為に、一概には言えません。
目安として、ユニットバス工事は1日、在来浴室からシステムバスは5日、システムキッチン工事は5日、内装工事と水廻りなどの全面改装で約1ヶ月、間取り変更や増築工事なら約1ヶ月半位かかります。

リフォーム中の荷物の保管や仮住まいが必要な場合は?

リフォーム中の荷物の対応が困難な場合には、トランクルームを無料でご用意させていただきます。
仮住まいが必要な場合は、ご紹介させていただきます。

一度見積もりを依頼すると、しつこく営業されることはないでしょうか?

当社から頻繁に電話したり、直接訪問したりすることはありません。

アフターサービスが不安なのですが?

不具合が発生しましたら、速やかに当社の担当者にご連絡下さい。状況を確認した上で迅速に対応させていただきます。

工事中、職人さんに御茶やお菓子を出したほうがいいのでしょうか?

短期間で数職種の職人さんが出入りするケースもあり、準備していただくのも大変かと思います。
基本的に弊社では必要ないものとお考え下さい。

見積もりをしてもらいたいけど何処まで無料ですか?

ご相談・お見積もり・デザイン案提出まで無料です。
現地調査をしたのち内装イメージのご要望を伺いお見積書・デザインをご提案させていただきます。
施主様のイメージ・ご予算金額により近づける為お打ち合わせを繰り返し、再度ご提出をさせて頂きます。
契約前の物件も現地調査をすると安心です。

デザインだけでもいいのですか?

当社はデザイン企画・設計施工を一貫して行うことで、デザイン的意図と施工管理の調整を行っておりローコストでクオリティの高いデザインを実現しております。
ですから原則としてデザインだけはお受けしておりません。

改装で営業を休めないが...

改装に伴う営業停止は、可能な限り避けたいものです。
工事規模にもよりますが、一部分の改装の際なら、営業中においても工程管理の中でフロアや区画ごとに区切った分散施工を実施しております。
お客様の平常業務に支障をきたさずリニューアルを進めることが、当社では可能です。

デザインする店舗の規模はどのくらいまでですか?

お客様のご希望内容により、大規模屋外工事が必要なデザインからビル地下階の小規模店舗デザインまでご提案させていただきます。
詳しくは施工事例をご覧下さい。

公的なリフォームローンにはどんな種類がありますか?

公的ローンの代表は、住宅金融公庫の一般リフォームローンとクイックリフォームローンです。
一般リフォームローンは、本格的な増改築などで利用できます。
クイックリフォームローンは、本格的な増改築などで利用できます。
工事で高性能住宅部品を使うと、対象になります。
融資条件は、一般リフォームローンと同じですが、手続きが簡単なのが特徴です。
ただし、融資申し込みや工事完了後、住宅金融公庫の承認を受けた調査員の判定が必要です。

すぐに来てくれるんですか?

当社営業マンが当日すぐにお伺いたいします。

実際の施工はどうなっていますか?

多くのお客様に大変喜ばれています。

今すぐ工事したいけど、お金が無い...

ご安心下さい。当社提携のリフォームローンもございます。

会社の信用度はどうですか?

当社は、大阪ガスサービスショップとして、長年にわたり地域の皆様のガスの用事を承っています。
また同時に住宅リフォーム会社としてお客様の快適な暮らしのお手伝いをさせて頂いております。
1級建築士をはじめ各種の有資格者も多数在籍しており、もちろん建設業の許可もあり、各種業界団体にも加盟している優良企業です。 アスライフは「住まいのお医者さん」です。をモットーに頑張っています

営業マンの方はカッコイイですか?

はい!もちろんです!!

バリアフリーにすることでのメリットを教えて下さい。

一言で言えば、段差がなくなり、つまづくことがなく、歩きやすくなります。
今までの事例では、敷居、沓ずり、框と建具、入口の度に段差がありました。 部屋→廊下→トイレと通るのに2ヶ所超えなければなりません。
昔は全て和室、廊下も畳続きで段差がありませんでした。 すり足で通れた訳です。

白アリ駆除に使用する防虫剤は人体への影響が不安です。対策はありますか。

今まで白アリ駆除に使用されていた防虫剤は、白アリを殺すのですから他の生物にとっても無害とは言い切れません。
白アリは高温多湿を好み、家白アリは家の外(多くは土の中)から建物へ侵入します。
対策は白アリの嫌いな環境(人間にとっては優れた環境)を住まいに取り入れることが重要です。
<1>:高気密・高断熱・計画換気を取り入れ、良好な床下環境、壁内環境(乾燥状態、低湿状態に保つこと)によって白アリの侵入を防ぐ。 <2>:床下に面する、土台などの木材は防虫効果のある、ヒバ材、檜材などを使用する。

どんな工事が得意ですか?

当社では木造住宅、マンションリフォームに関わるすべての工事をお受けいたします。
特に木工事を主に、それらに付随する工事が得意です。

最近はどのようなリフォームが多いですか?

特に浴室をユニットバスに替えられる方やキッチンの入れ替えをされる方が多いですね。
あとは季節がら床暖房を入れるお客様も多いです。

見積り・プランニングはお金がかかるの?

見積り・プランニングは無料となっております。
ご安心下さい。

工事中の家具の移動はどうすればいいの?

全ての家具の移動は当社で致します。ただしピアノの移動は、調律が変わる事がありますので専門の業者に依頼して下さい。
また貴重品等はお客様各自で保管をお願いします。
スムーズに工事を進めたい方はトランクルーム等の一時預りの施設を利用してはいかがでしょうか?

着工後にプラン変更したい場合はどうすればいいの?

着工後に工事の変更や追加をしたい場合は、職人ではなく必ず担当者に話すようにして下さい。
すぐに再見積りを職人に指示いたします。

工事中にトラブルや事故が起きた場合は?

そのような事がないように細心の注意を払い管理させていただきますが、万一事故が起きた場合でも損害賠償保険に加入していますので、ご安心下さい。

防音・遮音対策にはどのようなものがありますか?

壁は防音性能が高いボード、床はL‐40フローリングにするといった方法があります。
また遮音・防音シートを使用するのも効果があります。
オーディオルームなどは防音の他に室内で出た音が反射するのを防ぐ吸音性能がある壁材などを使用するといいでしょう。

作業の流れはどうなってるの?

■ お問合せ
お電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。
■ 現地調査 お打合せ
現在お住まいの住宅の状態を調査し、お客様のご要望をお聞きいたします。
■ お見積り プランニング
お見積り書と当社のリフォームプランニング図(3Dイメージ図)をお渡しした後、詳しく内容をご説明いたします。
■ ご契約
お客様にリフォーム内容をしっかりご納得していただいた上で契約となります。
■ 施工
ご近所の方々にご挨拶した後に着工となります。
着工から引渡しまですべて当社で責任もって行います。
■ 完成 引渡し
当社で厳密な調査をした上、お客様にお引渡しいたします。 ご満足していただける住空間をお届けします。
■ アフターメンテナンス リフォーム保証
工事後には最高10年間のリフォーム保証書をお渡ししております。
(※保証適用外もございます。)

満足いくリフォームをするポイントは?

現在の住まいへの不満を書いてチェックシートをつくるのをおすすめします。
漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。
また、リフォーム雑誌や本で情報を収集して、イメージを伝えやすい写真などがあれば切りとるなどして打合せに活用してください。
住宅設備機器などの取替の場合は、ショールームに行って実際の使い勝手や、寸法をチェックするのも失敗しない為のポイントです。

価格が安い業者は信頼してもいいのですか?

 「リフォームするのに、価格は安いにこしたことはない」みなさん、そう思っていることでしょう。当たり前ですよね。大切なお金を遣うのですから、少しでもお得にすませようとお思いになるのは、ホンネのお気持ちでしょう。
リフォームは大切な住まいの修繕です。
家は毎日の暮らしの場ですから、安全で快適でなければ、せっかくお金をかけても台無しですよね。
業者の中には、必要な材料費をケチって粗悪な材料で工事する会社もないわけではありません。
良心的な会社であれば、必ずお得なリフォームを提案してくれるはずです。
「安かろう、悪かろう」にならないように、ただやみくもに安ければいいということではないことを、気に留めていただく必要があると思います。

古い木造住宅、建て替えとリフォームではどちらがいい?

全面改修で新築より高額になる場合や、かなり老朽化が進み、地盤や土台、柱に問題がある場合などは、建て替えをおすすめします。
ただし、建て替えとなると取り壊し費、2度の引越し費用や仮住まい費用など、余分に資金が必要です。
予算に限りがある場合、急を要する場合はリフォームを。
また、建物が敷地ぎりぎりに建っている場合など、建築基準法が建築当時と異なっていると規制を受けて建て替えると今より小さい家屋になるときもリフォームをおすすめします。
最近は、家1棟まるごとリフォームできるお得なパック商品もあります。

住宅のリフォームで間取りの変更は自由にできますか?

家屋に構造によってはできないリフォームがあります。
以下、代表的な構造でお答えします。
*在来工法(最も多い一般的な木造住宅)
木造住宅の中では、法的な規制を守ればかなり自由にプランできます。
ただし、一部屋を大きくする、大きな開口部を設けるときは、補強なども必要なので検討が必要です。

*2×4工法(輸入住宅、メーカー系住宅) 壁で建物を支える構造の為、間取り変更は制約が多く、壁を壊して部屋を広げるなどの増改築はまず無理と考えたほうがいいでしょう。

*プレハブ工法(メーカー系住宅など)
メーカーにより材質や工法はまちまちですが、一般に壁パネルを合わせた工法の為、開口部を設けたり壁を取り除いたりには制限があります。

*鉄骨造
在来工法でいう筋かいと同じようなブレースが壁面に入っている為、壁を取り除いたりには制限があります。

*鉄筋コンクリート住宅
柱と梁以外は自由に間取り変更が可能です。ただし、面積が広い住宅で補強のコンクリート壁が設けられている場合、その壁は壊せません。

築後何年くらいでリフォームや機器の取替は必要ですか?

内装・外部・住宅設備機器等また、使用材料によっても異なります。
以下、大まかな目安をお答えします。

*キッチン、浴室、トイレ、洗面所などの住宅設備機器 15年~20年ごと。
給排水管、ガス管などもチェックしてあわせて取り替えられるといいでしょう。

*塗壁、ビニールクロス貼替、カーペット、フローリングの貼替
10年~15年ごと。

*外壁の塗替え(吹付けタイル工法)
約10年ごと。
現在は、高耐久性の塗料や上から重ね貼りできるサイディング等、種類も豊富です。耐久性や予算を考慮して検討されるといいでしょう。

*屋根の塗替え(葺き替え)
10年~15年ごと。
※材料により異なります。屋根の場合は、割れの補修や樋の取り替えなども必要です。また、重ね葺きできる高耐久の金属屋根材などもおすすめします。

増築で家を広くしたいのですが、どこまでできますか?

増築する部屋の使用目的はもちろん、外観もよく考慮することが必要です。
一階部分に既存の屋根の下に差しかけての増築が費用的には安くすみますが、天井が低くなったり、見かけも良くありません。
逆に、一部を解体して既存の部分を広くする場合や平屋に2階を増築する場合などは費用も工期もかかります。
また、建築基準法で規制を受けたり、確認申請が必要な場合もありますので住宅の地域の指定など事前に確認しておくと良いでしょう。

リフォームのしどきっありますか?

リフォームを思い立つ理由は大きく分けて3つあります。
1、「家の老朽化」
新築の家でも10年経つと外壁のペンキがはがれたり、雨もりしたり、ドアの建てつけが悪くなったりと家のあちこちが傷んできます。この場合は至急の修繕が必要です。

2、「家族構成やライフステージの変化」
子どもが増えたり独立したり親との同居が決まったりと家族の数は増減します。その変化に合った間取りや、バリアフリーへの配慮なども必要になってくるでしょう。いざという時にあわてないために、少し先を見越して早めにリフォームする事も必要です。

3、「今の住居に対する不満&ライフスタイルの変化」
現状でも使えないわけではないけど、もう少しキッチンの収納スペースが欲しいとか追い焚きのお風呂にしたいとか実際に暮らしてさまざまな不満が出てきます。こんな不満をかかえながら暮らして家族が大きなストレスをかかえているならリフォームのしどきです。

家族全員がタバコを吸わないけど、職人さんはタバコを吸いますか?

リフォームの工事現場内は禁煙が当たり前です。
商談時に喫煙の件について話をしてくる会社かどうかで、その会社の客志向度合いがある程度はかれます。
もちろんプランや見積り内容等で選ぶ場合が多いでしょうが、もし迷った時はタバコの件も是非参考になります。
ちなみに当社では、職人さんのタバコは建物内は禁止、屋外作業もくわえタバコやポイ捨ては禁止とさせていただいております。

工事が始まった後は、常に誰かの在宅が必要ですか?

工事中、お客様が貴重品の管理をきっちりして頂けましたら、お留守でも工事は現場管理者が責任を持ってきっちりさせて頂きます。

大型ゴミ・大きな家具・不用品の処理、処分等はしてもらえるのでしょうか?

工事着工前打合わせ、または工事着工時に、現場管理者に確認を取ってください。
一緒に処理、処分させて頂きます。量的に多い場合は有償になる場合がございます。
(※家電製品に関しては、リサイクル法に基づいて処分費用が発生しますので、有償となります。)

築後何年くらいでリフォームや機器の取替は必要ですか?

内装、外部、住宅設備機器等また、使用材料によっても異なります。 以下、大まかな目安をお答えします。
* キッチン、浴室、トイレ、洗面所などの住宅設備機器:15年~20年ごと。
給排水管、ガス管などもチェックしてあわせて取り替えられるといいでしょう。

* 塗壁、ビニールクロス貼替、カーペット、フローリングの貼替 :10年~15年ごと。

*外壁の塗替え(吹付けタイル工法)
約10年ごと。現在は、高耐久性の塗料や上から重ね貼りできるサイディング等、種類も豊富です。
耐久性や予算を考慮して検討されるといいでしょう。

*屋根の塗替え(葺き替え)
10年~15年ごと。

※材料により異なります。屋根の場合は、割れの補修や樋の取り替えなども必要です。
また、重ね葺きできる高耐久の金属屋根材などもおすすめします。

増築で家を広くしたいのですが、どこまでできますか?

増築する部屋の使用目的はもちろん、外観もよく考慮することが必要です。
一階部分に既存の屋根の下に差しかけての増築が費用的には安くすみますが、天井が低くなったり、見かけも良くありません。
逆に、一部を解体して既存の部分を広くする場合や平屋に2階を増築する場合などは費用も工期もかかります。
また、建築基準法で規制を受けたり、確認申請が必要な場合もありますので住宅の地域の指定など事前に確認しておくと良いでしょう。

リフォーム工事の見積をする際に、必ず現場を見る必要がありますか?

しっかりと正確なお見積を作成するためには現場を拝見させていただくことが前提となります。

大体の目安だけをお知りになりたい方、忙しくてお時間の取れない方、メールでのお問合せの方、店舗等の賃貸物件で現場を拝見させていただけない方等に概算でお見積をさせていただく場合はありますが、その場合はあくまでも概算の価格であり、その後に現場の状況と差異がある場合は概算見積価格が変動する可能性がある事をご了承下さい。

また現場を拝見できない状態でのお見積は、お客様に現場の状況を確認していただいたり、資料のご提出をお願いすることもあったりと、結果として多くのお手間をおかけしてしまうこともありますのでご了承下さい。

リフォーム工事の見積の際に用意する資料などはありますか?

「必ず必要なもの」というものは特にありませんが、図面などの資料の写しを頂くか、 お預かりさせていただければ助かります。

また大規模改修や店舗等、デザイン性の高い工事について具体的なイメージを お持ちの方は、写真やイラスト、サンプル等の各種参考資料をご提出頂ければ 打合せやお見積も比較的スムーズに進みます。

リフォーム工事の見積をメールで依頼したいのですが大丈夫ですか?

忙しくてなかなか時間の取れない方などのために、HP内に「お問合せ」フォームを設置していますのでそちらをご利用下さい。

その際には各項目をご記入いただき、リフォーム工事の内容や現在の状況などを できるだけ詳細にご記入いただけると可能な限りでの概算見積は可能です。

但し、ビル・マンションの改修(専有部分改修含む)、店舗の改修等は現場調査なし に回答できない場合がございますのでご了承下さい。

リフォーム工事の打ち合わせは必要ですか?

建設・建築業界では 「段取り八分」 という言葉がよく使われます。
これは 「段取りをキッチリすれば工事は8割完成したも同然」という意味です。
それだけ着工の前段階は非常に重要だということを表しています。

打ち合わせの段階でキッチリと工事内容を決定し、それに沿って担当者が手順を 決め資材や職人を手配します。工事前にしっかり段取りし、その通りに工事を進めて いくことが、「早く」「正確に」「安く」を実現するのです。

そのためお手数をおかけしますが、必ず打ち合わせのお時間を頂いています。

リフォーム工事の打ち合わせはどのように行いますか?

お見積を持参した時に、お見積を見ながらご説明と打合せをさせていただきます。

工事の規模や内容にもよりますが1回のお見積ですぐ決定・契約とはなかなか いかないものです。

弊社では工事規模や内容によりますが、平均2回~4回程度の打ち合わせの機会を 頂いています。

リフォーム工事の打ち合わせはどこで行いますか?

基本的にはリフォームする現場で行います。例えばご自宅をリフォームされる場合は 担当者がご自宅へお伺いして打合せをいたします。

工事のご説明や打合せは現場を見ながら行うほうがわかりやすいと考えているためです。

万一現場での打ち合わせが困難な場合はご指定の場所までお伺いしますが、可能であれば弊社までご足労頂ければ幸いです。

弊社には各種カタログや見本帳等を豊富に揃えていますので、様々な資料をご覧頂くことが可能です。

打ち合わせの時間がなかなか取れないのですが大丈夫でしょうか?

忙しくてどうしてもお時間が取れない方などは、あらかじめお伝え頂ければ平日の夜や休日等にお見積提出や打ち合わせをさせていただくことも可能です。

リフォーム工事のデザインなどはお任せできるのでしょうか?

もちろん承っております。遠慮なくご依頼下さい。

大まかなイメージをお伝えいただければプランを作成し、提出いたします。

但し、模型等の本格的なプレゼンテーションが必要な場合は別途費用が発生する場合がありますのでご了承下さい。

リフォーム工事の契約時には何が必要ですか?

ご契約の際には印鑑をご用意してください。 弊社所定の用紙に必要事項をご記入いただき契約となります。

弊社リフォームローンをご利用の方は同時に弊社所定の用紙にご記入いただきます。
審査を経た上で着工となります。

また基本的には契約時に1/2の工事代金をお支払いいただいておりますのでご準備下さい。

お支払いについては担当者との打ち合わせにより決定して下さい。

リフォーム工事の契約後に内容の変更はできますか?

契約後においても内容の変更は可能な場合があります。
金額や工程の調整はその都度ご相談させていただきます。

但し、材料発注後、納品後、職人手配後、工事中など対応できかねるケースもございます。あらかじめご了承下さい。

契約から着工まで平均で約1週間程度の準備期間をいただいております。
万一変更がある場合はできるだけ早めに担当者にご相談下さい。

リフォーム工事の契約後・着工前に近隣挨拶は必要ですか?

簡易な商品入替工事などご迷惑がかからない場合を除き、基本的には弊社担当者にてご近隣様への挨拶を行います。

しかしリフォーム工事は第三者からすれば迷惑に感じることも多いかと思いますので、可能な限りお客様からもご近隣様へお声掛けいただくと万全かと思います。

またマンションであれば管理人及び管理組合、店舗や事務所等であれば家主様や各管理会社への届出等が必要になる場合もあります。

挨拶と同時に済ませておきましょう。

リフォーム工事の契約後・着工前にしておくことはありますか?

リフォーム箇所とその周辺の片付けをしておいて下さい。

タンス等の大きなものはやむをえませんが、小さなものや装飾品、貴重品や壊れやすいものなどは必ず収納しておいて下さい。

荷物を移動させながら工事を行うことは思いのほか時間がかかり、工事期間や工事費用に影響する場合があります。

リフォーム工事前に引越しの必要はありますか?

リフォーム工事の規模によって一時的にお引越しをお願いするケースもございます。
基本的には重要な動線(廊下・階段等)を含む大規模改修の場合等がそのケースに相当します。

一時的とはいえ余計な費用は極力抑える方向で検討していきますが、無理をしてお客様にお住まいいただきながら工事を進めていくのは工事期間と工事費用の膨大なロスとなり、結果として初めに引っ越しておいた方が良かったというケースがあります。

工事中の居住空間を確保できない場合はお引越しいただいたほうが無難です。

工事内容を踏まえたうえで担当者にご相談下さい。

リフォーム工事は時間指定や夜間工事も可能ですか?

マンションリフォーム工事等の多くは管理組合によって作業時間の指定がありますのでご注意下さい。
もちろん弊社ではご指定の作業時間を尊守します。

また、店舗工事等で周辺環境やテナント管理会社等の都合で夜間工事が必要となる場合があります。

工事を進めるにあたりそれらの規定に従う必要がありますが、夜間作業は割増料金になる場合もありますのでご了承下さい。

リフォーム工事中に仕事や買い物等、留守にしても大丈夫ですか?

お仕事や買い物などのお出かけに関しては私どもには問題ありません。

外部工事の際は時々電気や水道をお借りする場合がありますのでその確保ができる状態であれば、鍵を閉めてお出かけいただいても結構です。

内部工事については、留守中でも工事をさせていただけるほうがありがたいのですが、お客様の考え方や生活サイクル等がおありかと思いますので、可能な限り尊重した上で対応いたします。

但し「留守中の数時間のみ作業中止」といったような対応はいたしかねますのでご了承下さい。

リフォーム工事のお支払いはどうすればいいですか?

リフォーム工事では基本的に「契約時1/2」「完工時1/2」の現金でのお支払いになります。
但し、弊社ではお客様とご相談の上柔軟に対応させていただき、工事契約時にお支払条件をご確認いただいています。

お支払いは担当者までお願いいたします。

リフォーム工事のお支払いはいつすればいいですか?

基本的な「半金」づつのお支払いの方は契約時・完工時に、もしくは契約日~着工日の期間と完工日より5営業日以内にそれぞれお支払い下さい。

小規模工事や短期間の工事等で「完工後一括」の方は、完工時、もしくは完工日より5営業日以内にお支払い下さい。

その他のお支払い時期については担当者までご相談下さい。

銀行振込でのお支払いはできますか?

はい、可能です。但し、振込手数料につきましてはお客様でご負担いただきますようお願いいたします。

また振込先につきましては担当者にご確認下さい。

リフォームローンの取り扱いはしていますか?

はい、承っております。弊社では信販会社系のリフォームローンを取り扱っております。

工事契約時に弊社所定の用紙にてお申し込みいただき、審査を経て着工となります。

また審査状況によっては保証人様が必要になることもありますのでご了承下さい。

金利は実質年率3.9%です。(平成19年9月現在)

大規模改修でなければ大変お得な設定となっております。

銀行等のリフォームローンをご利用される方は各金融機関へご相談下さい。

国民生活金融公庫や各金融機関のリフォームローンは利用できますか?

お客様ご自身で各窓口にてお申し込み下さい。
またお問合せ・お見積や打ち合わせの際に、担当者にその旨をお伝え下さい。
当然ではありますが、公庫や各金融機関の審査通過後に着工となります。

マンションではどこまで工事できるの?

マンションは戸建と違い、専有部分(住居スペース)と共有部分(バルコニー等)に分かれています。
基本的に共有部分の工事は出来ません。
マンションによって管理規約に違いがありますので、リフォーム前には、目を通しておくと良いでしょう。